ヨガをもっと好きになる こだわりアイテム

ヨガに興味のある方は自分の身体に取り入れる食事や身の回りの環境や空気の浄化などにも気を配る人が多いと思います。

ヨガを通して心が落ち着いてくるとマインドも個人サイズから地球サイズまでどんどん大きくなり、地球環境への関心も広がってきます。

今回は、ヨガと地球を結びつけるヨガマットとヨガ環境を整えるこだわりグッズをご紹介します。

Check out my books

こだわりのヨガマット

ヨガスタジオにMyヨガマットを持っていく女性も増えましたね。

体験ヨガも終わりヨガを習慣にしたいという方は、是非ポーズをしても滑りにくいヨガマットを選ぶことをおすすめします。

あなたはがヨガマットを選ぶ時、何を基準に選んでいますか?

素材

PVC(ポリ塩化ビニール):クッション性と安定感がある

天然ゴム:グリップ力と弾力がある ゴムアレルギーのある方は要注意!

TPE(熱可塑性エラストマー):環境を配慮されたエコ素材、軽くて臭いがないのが特徴

厚さ

厚さ1㎜~12㎜ 現在、売っている主流は持ち歩きにいい重さで3~6㎜

クッション性を大切にしたい場合はマットの厚さが大切です。但し、厚さと素材により重さも変化します。スタジオへ持ち運びする方はチェックしたほうがいいですよ。

ヨガマット Manduka マンドウカ


世界中の大量消費を減らすことへの責任感と使命感から長持ちするものだけを作ろうという「可能な限り環境破壊をしないモノ作り」をコンセプトで作られたヨガマット。

マンドウカ公式サイト: Manduka

海外の一流ヨガインストラクター、ピラティス指導者、運動選手たちの絶大な支持を受けています。

設計者としても活躍していたPeter Sterios(ピーター・ステリオス)がヨガの指導者としてデザインしたヨガマットだけあって随所にこだわりを感じます。

3万回以上の実験をクリアした驚きの耐久性

あらゆるマットエクササイズでの負荷を高密度クッションが衝撃を吸収し、関節や筋肉を保護

汗を大量に書いてもべたつかず強いグリップ力はそのままキープ、ポーズ中でもしっかり安定感を実感できる

表面のクローズドセル加工により汗などの水分が浸透せず、マットの内側で細菌が繁殖することを防ぐ

ホルモンバランスを乱す有害な物質や染料、フタエル酸エステルは未使用、天然ゴムから作られている

※床自体が熱くなる環境のホットヨガスタジオでの使用は、素材が高温に弱い天然ゴム使用なので必ずインストラクターやスタジオと確認、相談することをおすすめします。

モノにこだわりのある、スペックを気にする男性ヨギにもおすすめしたいヨガマット。

かっこいい色のヨガマットが出ていますね!カップルで色違いなんて素敵です。

マンドゥカ Manduka ヨガマット 5mm プロライト 軽量

空間の浄化をする

White sageホワイトセージとは


空間浄化

古くからネイティブアメリカンの間で儀式に使われてきた聖なるハーブ

浄化やデトックスの効能にすぐれ自然界の掃除機のようなものといわれています。

古来よりあらゆるものを浄化する作用があると伝えられています。

乾燥させたホワイトセージを燃やしてその煙で邪気(ネガティブなエネルギー、低い波動を持つスピリッツなど)を払い(スマッジング/smudging)空間を浄化していたそうです。

場の空気がよどんでいると感じた時や気分がすぐれない時に使用する人が増えています。

※スマッジングは、乾燥したセージの中に火が残っていることがあるので取扱いには十分注意して下さい。

抗菌・抗ウィルス作用

セージの煙が空気中の細菌を減らすことが科学的に証明されています。

植物研究家のチャンドラ・シェカール・ノーティヤル博士は、セージなどの薬草を燃やすことで空気中にあるブドウ球菌などの細菌が減少することを発見しました。

その効果は煙が消えた後もしばらく続きます。

また、セージティーでうがいをすると風邪の予防になるともいわれています。

参照:先住民の儀礼    airborne bacteria

日本のお香を楽しむ     お香の専門店 香源


広範囲にお香の香りが広がり、スポーツジムやヨガ教室に充満した汗の匂いを変えてくれます。粉の量を変えることで香りや時間調節が出来ます。

お香やお線香にはフローラル、グリーン系、フルーツの香り、お茶や紅茶、コーヒーの香り とかなり種類が豊富です。

お香を始めたいけれど初めてなので何から探していいかわからないという方にはお線香20種のお試しセットもありますよ。

日本では飛鳥時代から始まる伝統的なお香。

戦国時代には汗臭い兜などにお香を焚き染めることにより香りを消すこと、興奮する気持ちを静める為に使用していました。

現代の日本人にはお寺や茶道のイメージがあるかもしれません。

北米でヨガ人気に伴い、海外のヨガスタジオではインストトラクターの好みで日本のお香が焚かれることも多々あります。

パワーストーンを売っているヒーリング関係のお店などアロマのコーナーで必ず日本のお香やお線香を見かけます。

やはりZENという言葉が浸透しているので瞑想の時間に使う人も多くなってきたのでしょう。

お線香の燃焼時間は約15分くらいなのでヨガの最中でもいいし、ヨガが終わってから気分を変えたい時も手軽に使えます。

和風の落ち着いた香りから、花の華やかな香りなど様々なお線香があります。

私はおうちヨガの他にも掃除が終わった後にも使うようにしています。

パワーストーンが入った珍しい浄化スプレー


【ホワイトセージ浄化スプレー LUCAS】

ホワイトセージを直輸入、浄化 瞑想 ヨガスプレー、ホワイトセージのお香やキャンドルなどの浄化(スマッジング)・ヒーリンググッズを製造販売しています。

浄化スプレーでヨガマットを清潔に保ったり、空気の浄化に使用できます。

のどが弱くて煙を部屋でたくのは難しいという人や子供がいるので部屋で火を使用したくないという人はエッセンシャルオイルを加湿器に入れたりディフューザーで使用する方法もありますよ。

せっかく日本で手軽に手に入るので、好きな香りをみつけて心静かになりたい時の環境浄化に役立てたいですね。

ヨガをする時に自分のお気に入りアイテムに囲まれると五感が喜んで至福の時間になりますよ! 女性は月のリズムに敏感なので、浄化も合わせると効果的です。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

最近はダイエットのためにヨガをやるという若い人もたくさんいるんですね。私は静かになり自分の体に目を向けて「今、ここ」に集中できることがヨガをして好きな時間です。

シェアする

フォローする