非常時にあって良かった長期保存できる水

世界中、自然災害が増えていますね。日本も地震や台風などの災害が続いています。

ライフラインが寸断される万が一の事態に備え、非常時の準備はできていますか?

Check out my books

もしもの時に役立つ備蓄水

体を維持するのに必要といわれる水。

人間の体は60%が水分です。例えば、体重60㎏の男性の場合、約36㎏が水分です。

栄養を体に送り不要なものを排出することで、人間は生命維持をしています。

一日の摂取、排出量はどちらも2.5ℓといわれています。

水分を5%失うと脱水症状や熱中症などの症状が現れ、10%失うと筋肉の痙攣、循環不全がおこり、20%失うと死に至ります。のどが渇いたら「脱水」の証拠なのでこまめに水分補給が大切です。

夏は意識して水分補給をしているかもしれませんが、体の中の水分不足は「熱中症」の他にも脳梗塞、心筋梗塞などの健康障害の要因になります。

厚生省が非常時に必要だと薦めている貯蓄水の量は

災害発生から行政等による救援体制が整うまでにおよそ3日間を要すると言われています。それまでは各家庭で備蓄している飲料水や食糧で生命を維持しなければなりません。水道局では緊急貯水槽などの拠点給水施設の整備を進めていますが皆さまのご家庭でも非常時のための飲料水の保存を心がけましょう。

水道局では、災害に備え、1人あたり1日3Lの飲料水を3日分、ご家庭で備蓄していただくようお願いしています

札幌水道局

災害時に必要な貯蓄水

一人当たり1日3ℓの飲料水 x 3日分

家族の人数 x 3ℓ x 3日分

ちなみに東日本大震災時には支援物資が届くまでに5日は必要だったといわれています。

上記の飲料水以外にも特に小さい子供がいる家庭では、粉ミルクを溶かすのに必要となります。

避難道具に身体拭きタオルを準備していなかった場合は赤ちゃんのお尻ふき、家族の歯磨き、体を拭く時にも役立ちます。

厚生労働省によると非常時は特にストレスやトイレが整備されていないことが原因で水分をとる量が減りがちになるそうです。

水分や食事を十分にとらない状態で狭いところで長時間座って足を動かさないと血行不良が起こり血液が固まりやすくなります。この症状をエコノミークラス症候群といいます。

水分不足は心筋梗塞、エコノミークラス症候群の原因になるので、しっかり水分がとれる余裕のある量を準備しておくことが大切です。

参照:厚生労働省

水道水の保存方法


日本の水道水は、水質基準管理がされているので安心してそのまま飲むことができますが、消毒のために使う塩素のにおいが気になるという人もいます。

数日グラスに入れて放置しておくと水道水はいたんでしまいます。これは塩素がなくなって細菌が繁殖しやすくなるためです。

水道水を熱湯消毒をした容器にボトル口までいっぱいに水を満たしてしっかり蓋を占めた場合、冷暗所で3~1週間冷蔵庫の中で1~2週間保管ができます。

ミネラルウォーターの保存方法


製品の保存方法や賞味期限によって保存期間に違いがありますが、未開封であればラベルに記載された賞味期間内で保存可能です。

最近は、賞味期限が5~10年の長期保存水が販売されています。

但し、一旦開封すると水質が悪化、直射日光のあたる高温の場所で保管するとペットボトルを劣化させる要因となります。冷暗所で保管することをおすすめします。

市販のミネラルウォーターは「フィルターで不純物を取り除いたものなので安心」だと思って買い込み、幸いにも「もしもの時」がないまま避難道具の中に入れっぱなしで数年経ち、気が付いた時には賞味期間が過ぎていました。

賞味期限が過ぎてしまったペットボトル水は、緊急時必要であれば最低1分間沸騰させると煮沸殺菌ができて飲めます。

また、トイレなどの雑用水としても利用できるので無駄にしないで下さい。

参照:札幌水道局  厚生労働省

美味しい水ってどんな水?

味覚は人によって違いますが、ミネラル分や炭酸ガスが適度に含まれていると水の味をよくするそうです。味だけでなく匂いも大切な要素です。

水温も15~20℃の水が最もおいしく感じるといわれています。

ミネラル分を構成するカルシウムやマグネシウムの量を炭酸カルシウムに換算して表したものを硬度といいます。硬度成分が適度にあるとまろやかな味になるといわれます。

電気ポット内、やかんの口、加湿器の口に付着する白色の付着物が、水中のカルシウムやマグネシウムが過熱によって水分が蒸発して発生したものです。

欧米と日本では水の硬度が違い、欧米のように石灰質の地域を長い時間かけて通ってくる水の硬度は高く、日本のように地中での滞留時間が短い場合、硬度が低い軟水になります。

但し、ミネラルウオーターの表示は添加物を入れていいので天然水ではないことがあります。

参照:東京水道局 おいしい水 硬度

水を飲みながら栄養補給

非常時には火が使えなかったり、食べ物が限られていたりするので不足がちなミネラルは水で補えると助かります。

ミネラルウォーターに含まれるミネラルにも採水する土地によっていろんな種類があります。

個人的に注目しているのが「シリカ」成分を含む水です。

シリカは二酸化ケイ素で鉱物のクリスタル(水晶)植物のイネに含まれています。

もともと身体に存在する微量元素で臓器の維持にかかせない必須栄養素ですが、年齢と共に減少し、外からの補給が必要になります。

「シリカ」は体内にカルシウムを取り込みやすくし、コラーゲンの育成、ケラチンの育成を助けるため、皮膚、骨、爪を丈夫にし、髪の毛にハリとコシを与えます。

ビタミンCと同様に身体に必要な量以外は尿として排出されるので摂りすぎるという心配はありません。

志布志の自然水

南九州地方特有のシラス台地で長年にわたり、自然ろ過された清浄な湧水には国内では数少ないシリカが豊富に含まれています。

保存期間:5年

硬度:軟水

シリカ:80㎖

1箱:2ℓ X 6本

霧島天然水のむシリカ

世界トップクラスのミネラル含有量を誇る霧島の天然水

シリカ以外のミネラルも豊富で無添加の天然水を加熱殺菌しても成分がかわりません。

保存期間:2年

硬度:中硬水

シリカ:97㎎

1箱:500㎖ X 24本

子供連れのお母さんがスーパーで買うにはかなり重い買い物なので、お父さんを連れていくかオンランショッピングで配送してもらうことをおすすめします。

参照:厚生省 ケイ素安全性

悪質な訪問販売にご注意

健康を意識して水を買う時代になるとそこに漬け込む悪質な犯罪も発生しているようです。

水質検査と称してお宅に上がりこみ高額な浄水器を売りつけたり、やってもいない漏水修理の代金を請求したりする悪質な訪問販売や詐欺が多発しています。

東京都水道局に寄せられる事例

「水質検査に来ました。」と言うので、水道局の職員だと思い宅内にあげてしまった。透明なコップに水道水を注ぎ、白い粉を入れるとピンクに変色した。

「危険な水です。浄水器を取り付けたほうが良い」と浄水器を勧められ取り付けてもらった。取り付けた後に30万円を請求され「支払えないので外してくれ」と言ったが「外せない」と断られた。翌日、仕方なく現金30万円を渡してしまった。

東京水道局

水道水に含まれる塩素と反応する薬品を入れることによって、黄色やピンク色になることを示し、水道水に有害な物質が含まれているような不安感を与えて浄水器を販売する事例が見られます。

この反応は水道水が危険であることを示すものではないので、こういった火事場泥棒のような相手には本当に注意してくださいね。

参照:東京水道局



行政から被災地支援に水、食べ物、生活備品が早くサポートされることを心から応援しています。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

地球気象の変化からなのか、年々世界各地で自然災害が増えてきたような気がしています。 今回は、これだけは準備しておきたい「家庭でできるもしもの備え」についてご紹介します。

シェアする

フォローする