夏の紫外線から守りたい すべすべデコルテ

30代から年齢を重ねると体中どこにでもできるイボ。

夏の紫外線からお肌を守らないと角質が硬くなってザラザラのイボの原因になってしまいます。

今回は、イボの予防策とできてしまったイボをポロリとる方法をご紹介します。

Check out my books

 見つけてしまったお肌のポツポツ

衣替えも終わって薄着の季節がやってきました。久しぶりに夏服にそでを通し鏡を見てびっくり!

よく見ると首元や肌の柔らかいデコルテ部分に小さいイボがプツプツできています。

「なに、これ!?」気になるので皮膚科へ来院してみると診断は

皮膚の老化現象です。」

アクロコルドンという名前のイボは、できる原因はわからないけれど紫外線や摩擦、皮膚の乾燥などにより年齢を重ねるごとに増えるものだという説明でした。

皮膚科の先生も手のひらと甲にあると見せてくれましたが、あまり慰めにならない…。

どうしても気になる場合の治療方法は、小さいイボならハト麦などのヨクイニンの成分の入ったクリームを数か月塗ってみるか、短期治療なら皮膚科でハサミかレーザーによる切除。

「老化」というこの言葉の響き。一気に20歳老けた気分になってかなりショックでした。

お肌のしわ、シミ、たるみの他にイボも加齢現象なんですね…。

参照:光老化

もしかして、これもイボ?

30代以上の女性、約3人に1人が小さいブツブツしたイボを経験しているといわれています。

イボといわれるものは2種類あり、皮膚の老化現象でできるイボとウィルスによって起きる良性のイボがあります。

ウィルス性のイボは、小さな目に見えないような傷からウィルスが皮膚に入って増殖したもので感染症でも免疫力の強い人はほとんど感染しないことも特徴です。

よく見られるものは表面がざらざらした、角質化した(硬くなった)イボのことです。

イボは体中のどこにでもできますが手足などによくみられるものがあり、足裏のイボは足の裏に圧力がかかるために隆起は起こらず、魚の目と間違えられることがあります。

年代ごとにできやすいイボがあり、中年イボ30代以上の肥満体型の人、女性に多くみられる体の柔らかい部分にできるイボで「軟性線維種・なんせいせんいしゅ」スキンダックともよばれます。

老人性イボは「脂漏性角化症・しろうせいかっかしょう」とよばれ、日光が当たる手の甲顔、首回りにでき、古くなった角質が固まった角質粒になりザラザラしています。

年齢を重ねて肌のターンオーバーが弱まると古くなった角質がどんどん蓄積されます。

年齢とともにできやすく放っておくと増えることがあります。また、エアコンが効いた部屋で一日中過ごして肌が乾燥気味だったり、洋服の着脱で摩擦の多い部分にできることもあります。

そこに紫外線や乾燥などで肌がダメージを受けることでザラザラした角質が発生します。

シミ、そばかす対策と同様に紫外線のダメージから肌を守るためには、日常的に日焼け止めや帽子のUV対策が大切ということですね。PAが高いほど紫外線から肌を守れます。

紫外線に関する詳しい記事はこちら↓

海外旅行へぷらっと出かけるのに身軽であることは第一条件、現地でフットワークも軽く動けます。あれもこれも見て、食べて、経験してみたい。そんな欲張りな大人女子に持っていくと役立つ、小さいけれど強力なお役立ちアイテムをご紹介します。


ザラザラ肌を滑らかにする植物成分

古来から民間で使われてきた植物にはこうしたイボやザラザラに有効な成分もあるんですね。

 杏仁(アプリコット)オイル

中国の薬膳料理に使われてきた杏仁。鎮咳効果としての漢方薬の薬効でも知られますが、杏仁(アプリコット)から採れるオイルには乾燥した肌にいい有効成分が含まれています。

人の皮脂に多く含まれる脂肪酸、水分の蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守るオレイン酸、ビタミンB17、角質を柔らかくする脂肪酸を豊富に含むパルミトレイン酸、皮膚角質から水分の蒸発を防ぐリノール酸などが肌のリズムを正常に整えます。

 ハトムギのヨクイニン

ハトムギの皮をむいた種子が原料の生薬で古くから肌荒れの対処の漢方薬として民間で用いられてきました。ハトムギは粒の形が数珠玉に似ているイネ科の穀物です。

ハトムギは煎じて飲むと肌荒れやそばかすにも効き、抗肥満、抗糖尿など40種類以上も有効成分を含むといわれ明治時代には厚生省がハトムギを保健食として推奨したこともあるそうです。

ハトムギののヨクイニン(種子)とその外皮を使った細胞に対する傷害活性の実験における抗ウィルスの有効性やハトムギの抗酸化、ラジカル消去作用により抗紫外線効果もあるという実験報告もあります。

現在、ハトムギの有効成分エキスを使ったがん予防の研究も大学などの研究機関では進んでいます。

古来より肌に塗ってもハトムギ茶として体にとり入れても副作用の心配がない万能な健康成分です。

参照:ハトムギ効果 漢方薬  ハト麦のがん予防研究  はとむぎの抗炎症作用  ハト麦の効用

すぐに始められるイボ対策

ヨクイニンなどイボに有効成分をお茶で体に取り入れる方法もありますが、気になるザラザラお肌に直接ぬるクリームもありますよ。

これひとつで、化粧水、美容液、クリームの役割を果たすオールインワンジェルです。↓

肌のザラつき、首のポツポツに

ボタニカル無添加オールインワンジェル

夏の必須アイテム、日傘、帽子、サングラスを上手に使いこなして、つるつるデコルテを夏の日差し紫外線から守りたいですね。




あわせて読みたい記事はこちら↓

すべての肌質に合う「美容液」「保湿液」として最も理想的と言われているホホバオイル。分子構造や豊富な栄養素を含有する特徴から、地球上のオイルで唯一人工心臓の潤滑油としても使用されるほど信頼性が高いんですよ。

シェアする

フォローする