環境に関心ある若者が注目!Veganコスメ

前回に引き続き今回のテーマは「ヴィーガン」

「食生活を変えるには家族もいるのでなかなか難しい」という女性は、まず、自分だけでもヴィーガンなライフスタイルを取り入れてみてはいかがですか? 

体に使うもの、身の回りのものをできるだけ動物由来の製品を避けて植物性に変えてみる

身近なところでスキンケアにヴィーガン製品を使用してみるなどです。 

今回は、次世代の子供と親子で安心して使える「ヴィーガン化粧品」をご紹介します。

Check out my books

スキンケア商品のトップトレンド ヴィーガンコスメ 

 Google Beauty Trends Report(グーグル・ビューティー・トレンド・レポート2017年)によると近年のアメリカのスキンケア業界ではヴィーガン化粧品の需要が毎年83%成長しているようです。 

ヴィーガンスキンケア市場は2024年までに1800億ドルまで拡大すると予測され、急速に成長すると注目されています。また、アメリカ女性の57%が「自然成分スキンケア商品の購入が大切」と考えていると報告されています。 

オーガニック、ヴィーガン製品、食品に関心が高いヨーロッパの国、フランスに比べ、「Vegan/ヴィーガン・skincare/スキンケア製品」を検索する平均アメリカ人の数は13倍も多いそうです。 

ヨーロッパでは近年中に動物実験をした化粧品の販売を禁止毛髪、毛皮などの動物製品の使用を禁止することも検討されています

消費者が自分の体に使うスキンケア商品成分に大きな関心を示し、動物成分を一切使用しない、植物性の自然成分を使用した商品を選ぶ傾向が増加しています。 

生活で使用する商品選びをする際、ヴィーガンは以下の点を大切にしています。  

・牛革、毛皮、魚のうろこ、鳥の羽、はちみつを使用しない 

・動物性コラーゲン、ラノリン(羊毛に含まれる脂質)蜜蝋など動物成分を使用しない 

・製品開発、過程で動物実験を行わない 

・遺伝子組み換え作物を含んでいない 

・パーム油を使用していない 

 

「パーム油は植物でしょ?」と思いますよね ヴィーガンは「製造の過程で動物が被害にあっていないか」という倫理的な観点を大切にします。 

その点、パーム油生産のためにボルネオでは大規模な森林伐採が行われ、たくさんの野生動物が住処を失ってますまた、パームを育てるための農薬汚染など環境汚染も深刻な問題です。

こういったエシカルな(倫理)理由も商品選びの対象になります。 

ヴィーガン化粧品とオーガニック化粧品との違いは、ヴィーガンは動物製品を全て省いた化学肥料、農薬不使用で栽培された植物成分だけを原料として作られた製品です。 

 

参照:Think with Google  美容経済新聞

どんな動物成分がスキンケア用品に使用されているの?

普段、気にもせず口に入れたり、肌につけている成分が一体どこからきているのか、その原料が何かを知るとちょっとショックな気がします。  

化粧品に使用されている動物成分には昆虫も含まれます 

効能がいいからといって、そこまでして美しくなりたいのか?」という疑問がわいてきます 

それらの成分は植物成分や自然成分で十分代替でき、商品開発、研究がされています。

 

コチニールカイガラムシ


鮮やかな赤色。雌のコチニールカイガラムシをつぶして乾燥させた赤色の染料

服の生地、口紅やシャンプーの染料、食料の着色剤として使用されている

食品にはコチニール色素と明記されている

代替自然成分:ビーツジュース、アルカンナの根  

魚のウロコ


キラキラ光るメイクアップ、マスカラ、ネイルに使用されている

代替自然成分:雲母 

 

ゼラチン


主に馬、牛、豚などの動物の革、骨、腱などを水で煮て取り出すたんぱく質

シャンプー、フェイスマスクなどに使用されている

代替自然成分:

カラギーン(数種類の紅藻類から抽出された白色、薄茶色の粉末)、フルーツペクチン、デキストリン(水溶性ののり 

 

ケラチン


すりつぶした角、蹄、羽、ハリネズミなどの針、動物毛のプロテイン

リンス、シャンプー、パーマ液に使用されている

代替自然成分:

アーモンドオイル、大豆プロテイン、髪を強くするローズマリー、ネトル

 

ラノリン


ウールワックス、ウール脂 

肌のエモリエント(皮膚軟化剤)として化粧品や薬に使用されている 

代替自然成分:植物オイル

 

ジャコウオイル


ジャコウ腺(musk gland)があるジャコウ鹿(シベリア、チベットの小型の鹿)の雄、ビーバー、カワウソ、マスクラット(ネズミ科の動物)分泌物からとれる香料 

化粧品の香料、香水の原料として使用されている

 

プリスタン


サメの肝臓オイル、くじらのアンバーグリスマッコウクジラ(sperm whale)が、イカのくちばしなどの消化しにくいものから腸壁を守るために出すろう状の物質

潤滑油、防食材、錆止めとして使用されている

代替自然成分:植物オイル 

 

スクアレンオイル


サメの肝臓から採れる

化粧品、保湿剤、リップバーム、日焼け止めスクリーン、髪の染料に使用されている

代替自然成分:オリーブオイル、米ぬかオイルなどの植物性柔軟剤

 

ステアリン酸


豚の胃腸からとれる油脂物質 

化粧品、石鹸、ろうそく、ヘアースプレー、コンディショナー、クリームなどに使用 

代替自然成分:ココナッツ植物性脂質 

 

海外のヴィーガンコスメブランド 

化粧品業界がこぞって研究開発に力を入れているというヴィーガンコスメ。 

動物性由来の成分は一切使わず、動物実験ゼロ、オーガニックの植物のみ原料としている化粧品ラインで、自然成分は果物、野菜、草木、花、穀物などが使用されています。 

化粧道具のヘアブラシやチークブラシにも動物の毛が使用されていません。 

ヴィーガン化粧品にはこれらの認証マークが表示されています。 

 

肌の弱い人にやさしいコスメブランドをご紹介します。

The Body Shop(ボディショップ)


手作り化粧品の店としてスタートした自然派コスメの元祖ともいえるイギリスのコスメブランド

公式サイトThe Body Shop

カラフルなボトルに豊かな香り、心地よい使用感、自然の恵みが詰まった製品の一つひとつに1976年の創業時から変わらないナチュラルでエシカルな想いが込められています。

動物実験反対の運動を積極的にしています。  

1987年に国際的な化粧品ブランドとして世界に先駆けて 原料や雑貨のフェアトレードを開始、援助ではなく「取引」で世界の貧困地域に経済的自立と自由を提供しています。

ゆっくりと疲れをとりたいお風呂タイムに使える商品が充実しています。

WELEDA(ヴェレダ)


1921年から続くスイス生まれのオーガニックコスメ 

公式サイト:Weleda

植物由来の成分にとことんこだわったボディーオイル、フェイスケア、ヘルスケア、ギフト等を幅広く取り扱っており、赤ちゃんから大人まで使用できる人気のブランドです

日本限定販売のエーデルワイスUVプロテクトやオーガニックや健康志向の高い男性からの支持も多いフェイスシェービングやシェービングクリームも人気商品です。

LUSH Cosmetic(ラッシュコスメティック)


フレッシュで高品質な自然材料にこだわりのあるハンドメイドのカナダブランド

 

 公式サイトLush.ca

まるでCandyショップにきたような感覚になるお店作りで色鮮やかで思わず手に取ってしまいたくなる形の「Bubble Bar・バブルバー」 

最近お疲れの自分、家族、お友達に手軽にプレゼントするのに最適です。 

いい香りに癒されてお風呂時間が楽しくなってしまいますよ。 

 

Kat Von D Beauty (カットヴォンディービューティー)


全コスメティック商品ラインをヴィーガンにすると発表した「 Kat Von D Beauty

公式サイト: katvondbeauty.com

「Fur Free Artistry」動物の剛毛に似せた高品質の合成繊維を使用したブラシ。 オンラインサイトでも#VeganAlertのタイトルで動物成分配合、動物実験をしていないなどを表示しています。

こちらの商品は、コスメティックショップセフォラ(Sephora)で購入できます。

 

A’kin(エイキン)


A’kin(エイキン)はナチュラル志向がとても強いオーストラリアで生まれたボタニカルブランド

公式サイト:akinjapan.com

植物化学者が植物本来の力を最大限引き出しすために研究を重ね調合したボタニカル製品で合成色素や香料を一切使わず、天然のローズウォーターとアロエエキスを使用した保湿力の高いシリーズ。  

100%ビーガンのコスメで動物実験を一切せず、 動物の副産物の蜂蜜や動物の生態を守るためにヤシ油なども一切使用していません 

植物オイル、植物エキスの抽出に二酸化炭素抽出(Co2抽出)という温度変化がない方法で酸素に触れないので、酸化しやすいオイルやエキスの有効成分を新鮮な状態を保つことができます 




100%ビーガンのコスメ【A`kin(エイキン)】

2019年は、ハンバーガー好きの多い食肉文化、アメリカでも将来の地球環境を考えたベジバーガーの開発が盛んになり、ファーストフードやレストランでの商戦が目立ちました。 

食生活から始まったヴィーガンも、近年ではライフスタイルにも取り入れる人が増加しています。

環境問題に関心が高い若者のデモが世界各国で急増する近年、ヴィーガン化粧品はこれからの若い世代を対象に需要が急増すると思いますよ。

 

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

ヴィーガンが多いアメリカでも毎日毎食ではなく「今日はヴィーガンの日」という感覚で気軽に試せます。 ちょっと野菜が足りないぐらいの軽い気持ちでヴィーガンの食卓を始めてみてください。
国民が週に3個の割合でハンバーガーを消費する国で人気急上昇中の100%植物ベースのビヨンド・ミート(Beyond Meat) 今回は、アメリカで注目のグリーンビジネスについてご紹介します。

シェアする

フォローする