シニアの生きがい探し 退職留学のすすめ

子供が大きくなって子育てがひと段落した時に考えるこれからの人生。

セカンドステージの選択に考えたい、今だからこそできる海外留学。自分の可能性を拡げたり、今までの人生経験を活かして誰かの役に立つ「生きがい」を見つけてみませんか?

Check out my books

シニア世代からの新たなチャレンジ

子育ても終わり、子供達がそれぞれの人生を歩き始めると自分自身のセカンドステージを考え始める人も多いと思います。

シニア世代といっても心身ともに若い!「還暦」を迎える昭和初期の60歳と比べて今のシニア世代はまだまだ体力的にも現役で、引退ムードになるのは早すぎます。

少し前までシニア世代の海外旅行はバスツアーに参加して団体移動というイメージでしたが、今のシニア世代は若い頃にワーキングホリデーを体験したり、海外留学を経験した人も多いでしょう。

実際、夏休みに孫を連れて海外へ行くというシニア世代も見かけるようになりました。

また、近年では退職後は海外で暮らすというシニア世代カップルも増えています。

そこで今回ご紹介したいのが「目的をもった海外旅行・短期滞在」です。

海外移住をするなら、まず語学留学から

退職を機に海外へ移住するシニア世代も増えてきました。

移住といかないまでも元気なうちに海外生活をしてみたいというカップルもいるかもしれません。

海外滞在にも旅行、ボランティア活動、語学留学、移住と選択はたくさんありますが、滞在できる期間によりビザ(滞在許可書)が違うので、選択する上で申請時間も考慮する必要があります。

まず、準備したいのが「語学力

仕事で使ってきた英語も現地へいくとスピードが速くて聞き取れない、うまく仲間に入れないというのが最初のハードルです。

また、一緒に同伴するパートナーの語学力に自信がない場合、現地で生活をはじめても常にどこへでも一緒についていかなければなりません。

そのハードルを下げるためにも、まずは日本から近場でいける「語学留学」はいかがですか?

海外では何歳からでも大学へ戻り、若い世代と一緒に席を並べて学ぶ人がたくさんいます。

「小学生のお孫さんと一緒に夏休みの語学留学にいく」という知り合いもいます。

「孫を現地のサマープログラムに参加させ、その間に自分は大学のサマースクールへ通う」プランを数年続けているそうです。

語学学校は、海外生活に少しずつ慣れていくためにもソフトランディングができると思います。

一番の心配は「健康のこと」、医療機関に日本語のサポートがあるところが安心です。

近場で英語を鍛える セブ島 語学留学

近年、日本から近い語学留学として人気のあるフィリピン・セブ島。

子育て中のお母さんが子供を連れて「親子留学」する場所としても人気です。

小さい子供連れて滞在しても安心できる場所なんでしょうね。

セブ島は料金的にも欧米へ行くのに比べて学校と生活費用が半額以下で済むため、カップルで一緒に語学留学をすることが可能です。

都市部から少し離れると穏やかでキレイなビーチ、日本ではなかなか見られない建築物、見渡す限りの絶景の大自然などを味わうことができます。

また、フィリピン人のフレンドリーで明るい国民性が好きでリピーターになる人も多い国です。

セブ留学が人気の理由

・ 日本から4.5時間のロケーション

・ 日本の約1/3~1/6の物価

・ 欧米に比べ約1/3の低価格で英語留学が可能

・ フィリピンの世界トップレベルのビジネス英語力

・ 日本語対応の医療機関がある

・ 他の国にはない「1対1=マンツーマンレッスン」がある

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

学校名:NILS (New type International Language School)

学校と寮の場所:セブ島中心地ITパーク内

費用:1週間 58700円~(寮・食費込み)

授業:1日3~6時間

フィリピン教育機関TESDAの認定校

TESDAとは、フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁(Technical Education and Skills Development Authority)の略称。

TESDA認定を受けるには「授業カリキュラム」「学校設立に関する法的書類」「経営・財政」など細かい審査が必要で、フィリピンの数ある学校のうち、TESDAに登録されているのは5%程度と言われています。

そのため、TESDA認定は信頼の証とされています。

学校選びの際、金銭、契約トラブルに巻き込まれないためにもTESDA認定は大切です。

語学学校NILSは、セブ島の中心地ITパーク内と近辺に学校と寮があります。

ITパーク内は各ビルにガードマンがいて治安も安心、環境のよい立地です。近くには日本でもおなじみのファーストフード店やコンビニもあり、ショッピングモールも複数あります。

何よりも心強いのが、「日本語対応の医療機関がある」ことです。

個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズできるマンツーマンレッスンがあるので「同じクラスで若い人と席を並べるのは恥ずかしい」という人にもおすすめです。

また、寮よりも快適にホテルで過ごしたい人にはホテルへ出張講師をお願いする選択もあります。

留学サポート

語学留学に興味はあるけれど学校選びがわからない、留学サポートをお願いしたいという人に

おすすめはこちら→留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

海外留学、ワーキングホリデー経験のカウンセラーが気軽に相談に乗ってくれます。

・ カウンセリング手数料0円

・ 留学サポート手数料0円

・ 最短1週間〜の超短期での留学もOK

・ 英語力+αの留学を提案

・ 年末年始・GWなどの連休中などの期間で1週間程度のお試し留学も可能

フィリピン留学の詳しい体験談はこちら→ Global Dive(グローバルダイブ)

フィリピンにもたくさん語学学校があるので上記を参考に、是非、無料カウンセリングを利用してみて下さい。

留学するからには効率的に英語を学びたい、まずは基礎からしっかりと学びたい、授業では半強制的にでも英語で発言させてくれる環境が欲しい人にあったプログラムが見つかると思いますよ。

シニアボランティア・海外仕事

語学の準備ができたら、海外でボランティア、仕事という選択が拡がります。

人生蓄えた経験と資格だけは、いくらインターネットやコンピューターのスキルがあってもかないません。

海外で国際協力や社会貢献を行いながら、今の自分の価値観や人生観に刺激を与えてみませんか?

海外協力隊・JICA


滞在1~2年の契約で一定以上の経験と資格が必要になります。「開発途上国のために自分の技能を役に立てたい」という意欲のある方は是非チャレンジしてみて下さい。↓

私たちは、日本と開発途上国の人々をむすぶ架け橋として、互いの知識や経験を活かした協力をすすめ、平和で豊かな世界の実現をめざします。

プロジェクト・アブロード・Project Abroad


50歳以上のシニアを支援する海外ボランティア運営Project Abroad(プロジェクト・アブロード)最短1週間~半年以上の長期と世界30か国で活動しています。

海外が初めての中高年の方でも現地サポートを受けられるから安心して海外ボランティア活動に参加できます。オンライン説明会もあります。↓

50歳以上のシニアが参加できる短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者募集!発展途上国を舞台に、チャイルドケア、教育、環境保護、建築、スポーツ、考古学の分野でシニアが貢献できる国際ボランティア支援+異文化体験。現地サポート付き!

留学は人生を変える程、価値のある貴重な経験です。海外体験が若い人だけの経験だと限定するともったいない!人生100年の時代、第2のステージを謳歌したいですね。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

のんびりと海を眺めて地球一周を旅する日本発クルージング。ご縁があって一つ屋根の下、約3か月一緒に過ごす旅人達と世代を超えた交流もあり、一生に一度の思い出になります。

シェアする

フォローする