妊婦さんの出産準備にオイルマッサージ

出産が間近になってくると助産婦さんからアドバイスされる会陰マッサージ。

赤ちゃんがでてくる扉をスムーズに通りやすくするものです。お産を少しでも軽くできるように出産前の心身のケアに役立つ出産準備オーガニックハーブマッサージオイルをご紹介します。

Check out my books

初めての出産に助産婦がすすめる会陰マッサージ

出産後の新米ママさんの集まりで話題になるのが「出産時どのくらい縫ったのか」という話。

出産後ママさんが数人集まれば「トイレへ行くのも痛かった」「歩くのがつらかった」「座るのがつらいので円座クッションを使っている」という話が必ず会話にでてきます。

出産時赤ちゃんが出てくる際、会陰の伸縮が狭い場合は赤ちゃんの頭のほうが大きいので破傷、切開してしまうことが多いのです。

さらに国際結婚をしている場合、生まれてくる赤ちゃんは日本人の平均よりも大きいサイズです。

初めての赤ちゃんの母乳育児がはじまっているのに、一方では自分の身体のケアもしなければならない新米ママさんは本当に慣れないことばかりに直面して大変です。

助産婦さんが考える安産とは以下の5つを満たすものと考えられています。

・ 健康な母子であること

・ 出血が少ないこと 

・ スムーズな分娩経過 

・ 会陰破傷が小さいこと

・ 満足なお産

世界における会陰切開率は、北米27~33%。それに比べて日本人は会陰切開率が高く、アジア人は西洋人に比べて重度の会陰破傷が生じやすいとも報告されています。

会陰損傷、切開のリスクを減少させるセルフケアとして妊娠末期に会陰マッサージをすることをすすめる研究が妊婦の身体を案ずる助産婦さんの間で注目されています。

マッサージの開始後は痛みや違和感があるものの、おこなっていくうちに柔らかくなっていくことを実感するという妊婦さんからの感想が報告されています。

会陰が柔らかくなれば出口が良く伸びるため、スムーズに胎児が出てきて会陰の傷も小さくすむ可能性が高いのです。

何よりも産後の身体の回復が早いというのはママさんにとって大きなプラスになると思います。

体重管理や妊婦体操などの出産準備の一つとしてマッサージをとりいれたいですね。

参照:会陰マッサージについて The novice  birthing       Dr. Dahlen, Dr.Homer   Prenatal care

デリケートなお肌のケアに役立つカレンデュラ

古代エジプト時代から、肌荒れ予防や敏感肌のケアに使用されてきたキク科の植物。

保湿、保護、肌荒れ防止効果に優れ、ヨーロッパでは敏感肌のケアに長年使用されています。

ヨーロッパでは、各家庭でカレンデュラを栽培乾燥させたものをオイルに漬け込みカレンデュラオイルを手作りしており「一家に一本」といわれるほどなじみの深いオイルです。

AMOMA カレンデュラオイルを使った会陰マッサージ方法


低刺激で肌のうるおいを保つライスオイルと肌をバリアするオリーブオイルを使用。オーガニック栽培のカレンデュラを1か月間じっくり漬け込んで日本人の肌に合わせて作っています。

妊婦さんの会陰マッサージ、出産後の乳頭マッサージ、そして赤ちゃんのおしりまわりのケアや手洗いの機会が増える新米ママさんのハンドケアの保湿オイルとして広く使用できます。

産婦人科や母親学級で一般的に教えてくれる会陰マッサージの方法

はじめてのことで指の動かし方、力加減や指の挿入の深さ、マッサージの実施時間がわからないなどの理由で難しいと感じて途中でやめてしまう女性が多いそうです。

こちらのビデオではそんな不安を解消するためにカレンデュラオイルを使ったマッサージ方法を助産婦さんが指導しています。

ご紹介するのは会陰の外側をオイルでマッサージする方法なので、会陰部に指を入れることに抵抗がある方でも大丈夫です。

AMOMAカレンデュラオイルを使う身体のマッサージは、お風呂上りがおすすめです。

オイルも身体が暖まって浸透しやすいし、皮膚も柔らかいのでマッサージもしやすいです。

また、体調に不安がある時は無理をしないでお休みして下さいね。

授乳初期は赤ちゃんが母乳を吸う力に耐えきれず乳頭が傷ついてしまうことがよくあります。

このカレンデュラオイルは母乳育児で傷ついた敏感な乳頭ケアにも使えます。

オーガニックカレンデュラオイルなので赤ちゃんが舐めても安心。

赤ちゃんのおむつかぶれやあせものケアにも薄く伸ばして使えます。

ママと赤ちゃん一緒に全身に使えるオイルです。

※パッチテスト

今まで大丈夫だったのに妊婦さんは肌が敏感になることもあります。

キク科にアレルギーがある方は使用を控えること、はじめてオイルを使用する時は必ずパッチテストをすることをおすすめします。

  • 使用するオイルを腕の内側、皮膚の柔らかい部分に10円玉の大きさで塗る
  • 湿布後24~48時間放置する

赤くなったりかゆみが出たら、肌にはあっていないので使用はやめたほうがいいです。

口コミ AMOMA公式サイトより

★★★★産んでみての感想初産です。 産まれる3週間前から会陰と乳首マッサージに利用しました。 3500gで頭も大きい子でしたが、先生が「伸びが良いから」と切開は無しで自然分娩。結果的には裂けて、肛門方向に4針、斜め横に2針縫いましたが、大きい頭の割には傷は浅かった?と思います。 乳首は授乳の仕方も悪かったせいか、1日目から痛くてしんどかったです。そのため星4つです。

★★★★★切らず裂けず!

後期から2日に1回マッサージしていたおかげで、初産でしたが切らずにすみました。 助産師さんにもマッサージしていたことを褒められましたよ。 傷がないので、用意していた円座クッションを使用することもありませんでした。 本当にやってよかったし、友人みんなにオススメしています。 ただ量が多いのでケチらず使ってもたくさん余ります。

充分睡眠をとって身体を休めることも大切ですが、初出産の心の準備に役立つおっぱいや会陰マッサージ。ポイントは無理をしないで少しずつ、焦らないで自分のペースですすめること。
出産後の育児に集中できるよう自分の身体のケア大切にしたいですね。


あわせて読みたい関連記事はこちら↓

赤ちゃんが生まれてきてうれしい反面、小さな命をケアするお母さんは責任感でいっぱい。母乳で育てたいと思っているママさんにとって母乳に関するトラブルはストレスの原因にもなります。新米ママのお悩みに役立つオーガニックハーブティーをご紹介します。

シェアする

フォローする