スキマ時間の有効活用 大人の学び

「Time is money (時は金なり)」というビジネスにおける考え。

視点をもっと広げた場合、それは本当でしょうか?

「時間は命そのもの」生まれた時から全ての生き物に与えられている真実は死に向かって毎日を活かされているということです。

あなたは毎日の時間をどのように過ごしていますか?

Check out my books

要らないモノから解放されよう 

モノの断捨離が終わったら次は自分がもっている古い考えと習慣を手放すとさらにスッキリします。

考えの断捨離 ~ねばならないをやめる


自分の思い込みが自分の行動を縛っている時ってありますよね。「~ねばならない」という考え。

例えば、洗濯や家の掃除など家事はお母さんの仕事だから私がきれいにしなければならない。

でも、それって本当でしょうか? 子育ては「一人で生きていける人間を育てること」です。

だったら、家事だって大学生で一人暮らしを始める前におうちで教えてあげるのが一番。

男女問わず、将来結婚しても役に立ちます。

洗濯だって昔のように手洗いではなく、ただ洗濯機のボタンを押すだけです。

白と色のついた洋服を分けて洗濯をするのを知っているだけで、本当は白だったシャツがピンクになってしまった…ということも防げます。

掃除だって子供の部屋くらい自分でできます。料理だって学校の家庭科で基本は習っていますから、家族で一緒にレパートリーを増やしてあげたらいいんです。

週末の夕飯は、子供担当で買い物から任せてみたらいかがですか?

お金のことって生きていく手段として大切なことなのに、学校では何故か教えてくれませんから家庭の中で両親が教える大切な知識です。予算の中でやりくりする練習にもなりますよ。

人間関係の断捨離 無理をしている人間関係を手放す


気がすすまないのに小さい子供の遊び友達として親子でつきあいをしているママ友達、近所のつきあい、会社のつきあい、学生時代の同級生だからと誘いにのって出掛けていませんか?

その時頭によぎる「気がすすまない」という自分の気持ちを大切にして下さい。

あなたの潜在意識が「必要ないよ」とヒントをだしているサインを見逃さないように。

ただ、あなたの顕在意識が見栄や体裁、しがらみを保とうとしているだけです。

その判断基準は、家に帰ってからエネルギー切れになっていないかどうかです。

「なんだか疲れたな」と思ったら、その人間関係にはてなマークをつけて内観する時間をもつことが必要だと思います。「なぜ、疲れたのかな?」「なぜ、心がざわつくんだろう?」

きっと、自分の心の底にある価値観と何かがずれていると体が教えてくれているサインじゃないかなと私は思っています。

自分の価値観を大切にする


ここでご紹介するのは私が尊敬しているアクティブシニア、二人の女性です。

まずは、70代後半の女性Sさん。彼女の日常は、水泳やカラオケ、幼稚園のボランティアの他に外国人に日本語も教えています。いつも活き活きと楽しそうに暮らしているのでその秘訣を聞いてみると

「気が合わない人とは付き合わないこと」

もう一人の60歳後半の女性Fさん。山登り、海岸の散歩、3か月に一回の旅行ととにかくアクティブ。

その上、自分が得意だった英語を生かして知り合いの大人に教えたり、ボランティアもしています。

二人の共通点はとにかく何をやっていても楽しそうでいつも笑顔、何かをするのに義務感がなく、いつも人に与えることをしているので自然と人が周りに集まってきてしまうところです。

さらに好奇心とチャレンジ精神旺盛で「失敗しても死なないわよ。」が口ぐせです。

どんどん真似したい生き方の見本です。

何もこれはシニア世代まで待ってからやりはじめる必要はありません。気が付いたらすぐに実行!

目の前の生活にとらわれて忙しく時間を過ごしてしまいがちですが「5年、10年、20年後の自分はどんな暮らしをしていたいのか」を考えるとそのために今することが見えてきます。

ゆとりの時間とスペースを楽しむ

無駄な時間を削るとやってみたかったこと、やりたいことができる時間が少しずつ生まれます。

そんなスキマ時間をどのように活用できるでしょうか?

例えば、

・好きな趣味を追及してみる

・新しいことを学んでみる

・好きなことを教えてみる

・空き時間で働けるパートを見つけて社会とつながる

自分がエネルギー補給できることに時間を費やすのが一番だと思います。

ただ小さい子供がいたり、子供が帰宅する時間に「おかえり!」とおうちで迎えてあげたいなど空き時間に限りがある方もいます。

まずは、小さなステップからはじめてみてはいかがですか?

具体的には

・モノを捨てて空いたスペースでYoutube動画を観ながらおうちヨガをしてみる

・子供が学校へ行っている間に自分の得意な料理やお花をおうちで教えてみる

・習っていた英語の学習を再開して近い未来の海外旅行の夢を広げる

・ジムへいってヨガ、水泳、エクササイズで健康維持

・自分の得意分野があればオンラインで教えてお金を稼ぐ

・おうちの片づけと掃除の手間がなくなったので空いた時間だけ外で働いてみる

人によっては行動範囲や人との出会いを広げるということかもしれませんね。

自分の可能性を広げる 

好奇心という種をもったら、それを育ててあげることが大切です。

例えば、普段友達の話を聞いて相談にのってあげることが得意だったらカウンセラーの資格の勉強をしてみるとか、もっている素質をスキルアップする等、今はわからなくても才能を開花させることにエネルギー、お金、時間を費やすことで見えてきます。

自宅で学ぶ・教える


オンライン学習サイト

オンライン学習サイト Udemyを紹介します。

オンライン教育プラットフォームとして注目を集めている動画学習のサービス、その道のプロが動画を使って初心者でもわかるように丁寧に教えてくれます。

まるで塾のデパートのようです!コースの数が30,000件と半端でないので、コースを選んで学びたい方は何がしたいのかはっきりしてからコースを検索することをおすすめします。

2015年4月にベネッセコーポレーションと業務提携し、日本語版のサイトと日本語での受講に対応した講座も公開されています。

会員登録しておくとセールのお知らせをメールで受け取ることが可能、コースによっては90%以上の値引きもあります。

まず、何か学びはじめたいという方はプレビューを必ずみて評価の高い★4つ以上の講師をチェックをしてから購入することをおすすめします。

ちなみに、私がYoutube 動画のヨガビデオを選ぶ時の基準は声や聴きとりやすさ、話すスピードなどがわかりやすいかがポイントです。

 世界最大級のオンライン学習サイト  Udemy



メリット:

自分のペースで何度でも見直して復習ができる

日本語サポートあり

IT系の講座が豊富

審査を通れば誰でも先生になれる

販売金額10%をUdemyに支払う

アメリカのサービスなので当然登録者にアメリカ人がたくさんいます。

そして、アメリカに日本の文化に興味がある人はたくさんいて2020年オリンピックに向けて日本文化への関心はさらに高まっています。

ここでは、あなたが趣味や才能を発信するというアイデアを提案をしたいと思います。

一般に、海外でもコミュニティーセンターで現地の日本人講師によるクラスがあります。

  • 寿司の作り方
  • 華道、茶道、武道、書道
  • 着付け、フラワーアレンジメント

日本ほど趣味講座が多い国も珍しいので何かしらあなたも今まで習った経験があるでしょう。

ネイルデザイン

日本人は手先がとても器用なのでネイルデザインも欧米よりもとても繊細で素敵です。

そのテクニックを教えてあげるというのもいいかもしれません。

日本の家庭料理

日本料理といえば寿司と思っているアメリカ人は多いですが、実際のところポットラックなどパーティーの集まりでは日本の家庭料理に興味を持っている人も多いです。

キャラ弁作り

これって日本独特の文化だと思います。是非、子供に作ってあげたスキルを講座にして下さい。

片づけ整頓術

近藤麻理恵さんがアメリカのNetflixのTV番組でこんまりメソッドを展開してから、多くのアメリカ人女性が片づけ術に関心があります。

日本語をGoogle翻訳をして英語のキャプションを動画につければ日本語で動画が作れます。

日本国内だけでなく、今は世界のどこかであなたが発信したことを受け取ってくれる人がいますよ。

パートで働く 外の社会とつながる

子供も手が離れてそろそろフルタイムで仕事がしたいと思った時に日本にはばかる年齢制限。

夫婦共働きでいろんな制限がとれて女性の再就職チャンスは広がっていますが、これも現実。

また、再就職で直面するのが履歴書に書く時の経歴のブランク。

子育てはマルチタスクで大切な仕事ですが、まだまだ認識が低い会社もあります。

私の経験ではパートにでていたことが面接でとても高く評価されました。

子供がいて忙しいのに時間を管理できるということがアピールできたからだと思います。

子供が小さい場合、病気になった時の対処を考えてから面接で正直に話すほうがいいでしょう。

隙間時間に在宅で仕事ができる

主婦が在宅で仕事をするうえでクライアントとの間に入ってくれるクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングは、スキルのあるプロが利用するものから隙間時間を利用してできる範囲から仕事をするものまで幅広くあります。

空いている時間でしっかり稼げる求人サイト【ママワークス】



時間:自分の予定に合わせた仕事が自宅で可能

手軽さ:ネットで会員登録OK

スキル、資格、学歴不要

在宅、急なお休みも調節可能、時間や曜日が選べる週3日以内勤務可能という子育て中のお母さんにうれしい求人サイト。

スキルはあるけれど

子供の学校時間だけ働きたいので近状のスーパーでのパートしたか働き口がない

・子供がまだ小さく家を空けられないけれど働きたい

・子供に手がかからなくなったので少しずつ仕事復帰したい

そんな主婦やママさんと積極的に女性採用を行っている企業とのマッチングをする求人サイトです。

家事代行・お料理代行サービス

普段、家でやっている家事がお金になるサービスです。

家政婦と違って個人契約ではなく、会社を通してのサービスなので顧客先のトラブルが起きた時やもしもの破損にも損害賠償保険で対応してくれます。

北欧では共働きが多いので、当たり前にあるサービスです。日本でも浸透するといいですね。

家事代行・お料理代行サービス Casy

スマホ面接可能

会社面接参加者:上限1000円交通費支給

時間:週1回2時間から働きたいと時に働ける

時給:時給が高い(時給1450円から1750円)

未経験者OK:トライアルあり

研修担当の方が丁寧に指導してくれます。

スキルアップすると昇給あり

注意点:お仕事先に通勤30分以内で通うことが可能という条件があります。

「時間は命そのもの」せっかくできた時間を自分の為に有効活用したかったのに、あまりお金にこだわってばかりいると「Time is money (時は金なり)」という考えに逆戻り。

「今日も自分は笑顔で過ごせたかな?」毎日この質問を忘れないでチェックしてみて下さいね。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

女性に気持ちの余裕をつくる便利な家事お助けサービスを紹介。子供が見たいのはお母さんの笑顔。ご主人もそんな家族の顔をみて家へ帰ってホッとするはず。笑顔になれるゆとりの時間が増えるといいですね。
無駄なモノをなくして掃除や片づけの時間を自分のために使う「リラックスできる暮らし」そんなスッキリ生活に役立つ片づけ術や汚れたモノを丸洗いできる洗浄機とサービスをご紹介します。

シェアする

フォローする