ホホバオイルで敏感肌のスキンケア

アロマセラピーの勉強をしている友人が体調と肌に合わせて作ってくれたマッサージオイル。

植物100%から採取した精油、ラベンダーの他にもストレス、冬の乾燥肌にいいアロマを数滴ずつ調合してくれてとてもいい香りのオイルです。

ブレンドしたオイルはホホバオイル。

粒子が細かくて肌に浸透しやすく、アレルギーが出にくいのでどんな肌タイプにも使えるという理由だそうです。また、酸化しにくいので保存しやすいとも教えてくれました。

早速、風呂上りの顔と全身に使ってみた感想は

オイルなのにべたべたしない…。」ベタつかず伸びが良くスーッと肌に入っていく感じ

一緒にアロマオイルを作ってもらった友人は、お子さんがアトピーで肌に合う保湿クリームを常に探しているといいます。

普通肌の親が保湿クリームを選んでもなかなか子供の肌に合わず困っているそうです。

確かに肌がちょっと粉を吹いた感じで刺激のあるコスメはきっと肌がヒリヒリと痛そうな感じです。

数日後、お子さんがアロマオイルを使用した感想を聞いてみると肌にしみなくて全身に使えるし、いい香りなので気に入っているということです。

自分のコスメをよく見てみると多くの化粧品表示に「ホホバオイル」が使用されていることがわかります。きっといいオイルに違いないと自然化粧品のお店へ行って、ナチュラルオイルの棚を探してみるとありました!

アーモンドオイル、アボカドオイル、ティーツリーオイル、ローズヒップ、ココナッツオイル、亜麻オイルの横に並ぶホホバオイル。

でも値段が他のオイルに比べて倍以上高い!きっと、効能に何か秘密があるはず!

今回は、ホホバオイルの人気の理由を調べてみました。

全身にいろいろ使えるホホバオイル

高級なクリームなどに微量に含まれていることが多いJOJOBA OIL(ホホバオイル)

地球上のオイルで唯一人工心臓の潤滑油としても使用されるほど信頼性が高く、敏感肌を含むあらゆる肌質の方に使用できます。

ホホバオイルはその分子構造や豊富な栄養素を含有する特徴から、すべての肌質に合う「美容液」「保湿液」として最も理想的と言われています。

肌の老化とは細胞の酸化。ホホバオイルは、腐敗しにくい、酸化しにくいという特徴があります。

半永久的に腐らないと言われるほど安定性が高く70℃以上の高温で4日間熱し続けても品質変化がなかったという実験結果があるほどです。

「何百年も前からアメリカの先住民はホホバオイルを「砂漠からの黄金の液体」と呼び料理に使用したり髪や肌に塗ったりと様々な用途で使用していた」と昔アメリカ大陸に渡ったスペイン人開拓者や宣教師たちが記録していたそうです。

ホホバオイル=全身にいろいろ使えるオイル

  • 肌にさらりと伸びて、すみやかに肌になじむ
  • 半バクテリア作用がある
  • ビタミンA・E・ミネラル・アミノ酸が豊富
  • 酸化しにくく、長期保存が可能
  • 食用油としても使用されている安全性

ホホバオイルの半バクテリア作用

黄色ブドウ球菌がアトピーの炎症を起こす大きな原因のひとつであると言われていますが、ミシガン大学、ポートエリザベス大学製薬部のホホバオイルの反バクテリアに関する研究データに非常に興味深いものがあります。

ミシガン大学のテストは、「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つがホホバオイルの中で生き残ることができない」ことを明らかにしました。

ポートエリザベス大学は、ホホバオイルのバクテリア破壊力を研究したところ、「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」ことを発表しています。

アトピーの様な炎症が起きやすい皮膚のスキンケアにおいて、バクテリアやアレルギーの原因となる異物の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能を回復させることがとても重要です。

肌荒れ、にきびや吹き出物、バクテリアが主な原因と言われているかゆみを伴う肌荒れのスキンケアにおいてホホバオイルは理想的なケアオイルと言われています。

参照:Jojoba oil as an organic stable standard oil-phase base for cosmetic industry  Medical effet of Jojoba Oil

肌のうるおいを保つ ワックスエステル

ホホバオイルは、脂肪酸とアルコールでできたワックスエステルであり、人間の皮膚の角質層にある皮脂成分のワックスエステルとほぼ同じ分子構造であるため、非常に肌へのなじみが良く浸透し、敏感肌の方にもご使用いただける植物オイルです。

35万種の植物を鑑別した結果、多量のエステルを含む植物はホホバ以外にはありませんでした。

 酸化を防ぐ

アトピーなどの敏感肌にとって、ほこりや化学添加物などのアレルギー元は大敵です。

ホホバオイルは酸化を防ぐ特徴が高くとても強く安定した物質なので、一般的に市販されているものの様にアレルギー元となりえる防腐剤や酸化防止剤などの添加物を一切使用していません。

また、ホホバオイルの信頼性は地球上のオイルの中で唯一人工心臓の潤滑油として使用されるほど。敏感肌のケアに最適です。

参照:厚生省 アトピー性皮膚炎

エイジングケアにうれしい成分ビタミン群

生産効率を上げるため加熱処理で精製されたホホバオイルはビタミンなどの有効成分が壊れてしまっています。

非加熱のコールドプレス(低温圧搾)で抽出された金色のホホバオイルは、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどエイジングケアにうれしい成分が豊富に含まれています。

本来健康な肌が持っている皮膚の再生、新しい細胞が上にある古い細胞を押し上げ皮膚を再生する肌の新陳代謝を促します。

こんな方におすすめホホバオイル

・アトピーでお悩み

・ニキビでお悩み

・デリケートな赤ちゃんのお肌にマッサージ、おむつかぶれ

・髪のコシとツヤがなくて気になる

・抜け毛が気になるお悩み

アトピーでお悩みの方へ デリケートな肌に大丈夫?

アトピー性皮膚炎体質の方は一般に皮膚が弱く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったり、各種化粧品、塗り薬、洗剤などによる接触性皮膚炎を起こしやすいことが知られています。

細菌に関しては、湿疹症状から進入した黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹を合併すると言われています。

アトピーのガサガサ肌は、皮脂を分泌する力が極端に低下してしまっています。

皮脂にはワックスエステルという成分が含まれており、これは外界からの異物の進入を防ぐと同時に体内から水分及び電解質の損失を防ぐ保湿機能があります。

その皮脂が分泌されないと肌が乾燥し、かゆみを引き起こす原因になると言われています。

ホホバオイルは、アトピーの肌に足りないワックスエステルを補充する事により乾燥や異物から肌を守り肌本来の潤いを保ちます。

病院などで一般的に行われるアトピー治療は、アトピーの根治ではなくアトピーの症状軽減を目的としています。

現代の医療技術ではアトピーの原因となるアレルゲンを特定すること自体が難しく、アレルギーの発症そのものを抑えることはできないとされています。

アトピーの症状を改善する上で重要なことは、不規則な生活やストレス、乱れた食生活や不潔な住環境を避け、十分な睡眠時間を確保することです。

その上でアトピーの肌に合った最適なスキンケアを行い、自身の免疫力、肌が本来持っている力を高めることによりアトピーの影響は最小限にできます。

参照:厚生省 アトピー皮膚炎

ニキビ肌でお悩みの方へ ニキビにオイルでケアしていいの?

思春期や生理前にあるホルモンバランスのくずれや加齢による新陳代謝の低下により、肌の新陳代謝が正常におこなわれなくなることで古くなった角質が正常に剥がれ落ちることができず毛穴に残ってしまい、そこに皮脂や汚れが溜まり、それらがニキビへとつながる原因と言われています。

ニキビから解放されるには、原因となっているたまった皮脂を除去しなければなりません。

ホホバオイルはたまった皮脂や汚れを溶かしきれいにとり除き、老廃物を外へ押し出し、皮膚バランスを整えてくれます。

ニキビの炎症を引き起こすアクネ菌。ホホバオイルの半バクテリア作用により、ニキビの改善とニキビが出来にくい肌にするのに有効です。

また、ホホバオイルに含まれるミネラルやビタミン類が皮膚が本来持っている皮膚の再生、新しい皮膚細胞のターンオーバーを促します。

また「ターンオーバー」は出来てしまったニキビ跡の改善にもいいです。

赤ちゃんのマッサージやおむつかぶれケアに

デリケートな赤ちゃんのスキンケアに防腐剤や香料などの添加物が含まれるものを使用するのはあまり好ましくありません。

ホホバオイルは、そんな赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。

適量を手に取り、まずは人肌まで温めます。

その後、両手でゆっくり優しく身体をなでる様にぬって全身マッサージ。

ママとベビーの大切なスキンシップにもなるし、赤ちゃんもお風呂上りにやると気持ちよくて足をあげて喜びますよ。

赤ちゃんのおむつかぶれ
皮脂の分泌量の多い赤ちゃんは、湿気の多い夏は特におむつかぶれをしやすくなります。

ホホバオイルに含まれるビタミン群は、荒れてしまったお肌のケアに最適です。

参照:厚生省 アトピー性皮膚炎

 油をとかすのは油

ホホバオイルは皮脂の汚れを溶かし、肌の深部の皮脂汚れも取りやすくします。

メイク落とし
ホホバオイルでクレンジング後、柔らかいコットン等でふきとります。

洗顔後、化粧水の後にホホバオイルを2、3滴塗布します。

特に気になる部分には、就寝前にホホバオイルをつけてからおやすみになると効果的です。

抜け毛ケアとトリートメント

髪の健康は地肌から。抜け毛を緩和し、髪のコシ・ツヤを取り戻すには頭皮を健康にすることが大切です。

皮脂線から出た汚れが頭皮の毛穴を詰まらせ、それが抜け毛、ダメージヘアーの原因となります。

その汚れをホホバオイルでマッサージをしながら浮かし出しきれいに落としましょう。

ホホバオイルで天使の輪

髪にツヤがなくなるのは、髪の毛が乾燥状態にあるということです。ホホバオイルは、ドライヤーの熱や紫外線・乾燥から髪を守ります。さらに傷んだ髪のダメージケアに最適です。

ホホバオイルに含まれるワックスエステルが髪をコーティングし、十分なビタミンなどの栄養素を与える事でべたつかず、髪サラサラ、天使の輪をもたらします。

オーガニック認証

日本ではオーガニックコスメの公的認証機関がなく「オーガニック」「自然派」「無添加」といった言葉が利用されています。

オーガニック認証マークを確認して商品を選ぶことをおすすめします。

[ECOCERT] 世界最高権威フランス有機認証機関
[COSMOS] ヨーロッパ統合有機認証機関

NATURAL ORCHESTRAホホバオイル




2機関の厳しい基準をクリアーしオーガニック認定を受けたホホバオイルです。

ECOCERT、COSMOSのロゴマークは、原料、製造工場、流通、ブランド、全てにおいて検査に合格しなければ記載する事ができず完全オーガニック世界最高品質の証明です。

ECOCERT & COSMOS ORGANIC


ECOCERTマークが付いた商品は、世界基準の有機認証機関であるECOCERT GREENLIFE(エコサートグリーンライフ)により、ECOCERT Standard(エコサート基準)及びCOSMOS Standard(コスモス基準)のオーガニック認定を受けている商品です。

エコサートグループは、オーガニックコスメ認証の世界シェア75%を誇ります。世界85ヶ国、30,000件以上の企業、200,000製品以上の認証実績のある世界でも信頼の認証です。

また、オーガニックコスメに関する基準は国や地域によって様々。品質を維持するためにエコサートを含む欧州5ヶ国の認証団体が合同でオーガニックコスメに関する統一基「COSMOS」を策定しました。

これは世界でも厳しい審査水準を持つECOCERTコスメ認証が基準となっています。

COSMOS ORGANIC


COSMOS Standard(コスモス基準)とは、ECOCERT(フランス)、COSMEBIO(フランス)、BDIH(ドイツ)、ICEA(イタリア)、そしてSOIL ASSOCIATION(イギリス)のオーガニック認証機関5団体によりベルギーに設立された新たな国際NPO団体COSMOS-Standard AISBLによってオーガニックとナチュラル化粧品の世界統一基準を定める目的として作られたものです。

100%ナチュラルなホホバオイル。年齢問わず使えるから家庭に一本あるととっても便利。

オーガニックだと敏感肌にも優しい万能オイルです。

あわせてよみたい関連記事はこちら↓

この季節に悩まされる花粉症やインフルエンザなどの身体の不調にどう対処していますか? 植物の香りの効能を活用するボタニカルケア。アロマの力を少し借りて心と身体を優しくいたわってみて下さい。

シェアする

フォローする