世界って美しい!眼の検査していますか?

写真の中に何色のキャンディーが見えますか? 答えは一番下↓

Check out my books

眼の健康診断をしていますか?

4月になると美しく咲く桜の花。

街中ピンク色で本当にきれいです。

ところが、子供の友達が同じ桜の木を見上げて

「桜の花の色が白く見える。」と言うのです。

「おやっ?」と思って調べてみると今は小学校では色覚検査をやっていないんですね。

小学校の頃、色覚テストを学年一斉でやったことを覚えています。

左のような色が違う点の集合体の真ん中に書かれた数字を読むというテストです。

文部科学省が発表している色覚に関する学校指導によると

近年、色覚異常についての理解が進み色覚検査で異常と判別される児童生徒でも、大半は学校生活に支障はないという認識のもとに平成15年4月から学校における児童生徒等の定期健康診断の必須項目から色覚検査が削除されることになりました。

つまり、各家庭で眼の定期健診をしない限り、親も子供も眼の異常を知らないまま日常生活を送ることになります。

普通自動車の免許取得は、赤、黄、青の判別ができれば可能となっています。

尚、鉄道、航空関係などでは資格取得に色覚の制限があります。

医師、歯科医師、薬剤師、看護師の資格取得に色覚の制限はありません。

子供達が自身の色覚の特性を知らないまま進学・就職等で不利益を受けることがないように、保護者が色覚異常や色覚検査についての情報を知っておくことは大切だと思います。

参照:文部科学省・色覚に関する指導

 色覚異常とは

色覚異常(色弱)・・・色の見え方の特性がその他大勢の人と異なること

眼の神経細胞の機能が違うことで生じる目の状態です。

遺伝子は23本ずつ母親と父親から子供に受け継がれます。色覚異常の遺伝子はX染色体にあります。

男性はXYですから1本しかないXに色覚異常遺伝子があれば色弱になります。

女性はXXでXが2本あるので、片方のXに色覚異常遺伝子があるだけでは色弱にはなりません。

つまり、色覚異常のほとんどが遺伝によるもので女性よりも男性のほうに多く見られる症状です。

色覚異常の頻度はおよそ 男子の5%、女子の0.2%といわれています。」文部科学省参照

人間には個人差があって色の見え方も必ずしも同じではなく個人差があり、色覚の検査をしてみるとその結果が大多数の人とは明らかに異なってい る人がいます。

これらの人が医学的に「色覚異常」と診断されます。

色覚異常といっても色がわからないのではなく、異常の程度もそれぞれ異 なりますが日常生活にはほとんど支障のない程度であることが大半です。

参照:色覚バリアフリー  北海道CUDO

どんな風に見えるの?

Protan:1型色覚 赤に対する感じ方かが弱い

Deutan:2型色覚 緑に対する感じ方が弱い

Achromatopsia:1色覚 色覚異常 色が認識できない

参照:色覚異常    先天色覚異常 

photo:Enchroma.com official site:左 正常:右 2型色覚

photo: Enchroma.com official site:左 正常:右 1型色覚

photo: Enchroma.com official site:左 正常:右 1型色覚

こんなサインを見逃さないで!

子供のお絵描きやクレヨンを選ぶ時に「おやっ?」と思ったら眼科で眼のチェックしてもらうことをおすすめします。

緑系の色と赤系の色を混同することがある

青、紺色、紫の区別がしにくい

ピンクが白っぽく見える

普段の生活で困ること

色の違いはわかっても見ている色が何色とよばれているのかがわからないことがある

社会科の地図が見にくい、鉄道路線図の色分けが見にくい

カレンダーの祝日(赤色)を見落とす

乳児のお尻のかぶれに気付きにくい

色だけで表示されたトイレの使用中の表示がわかりにくい

果物の熟度、野菜の鮮度が落ちて茶色になっているのがわかりにくい

焼肉の焼き具合の判定が苦手、早く焼けたと思ってしまう

ユニバーサルデザイン(CUD)

カラーユニバーサルデザインの3つのポイントを配慮することで、できるだけ多くの人に情報が正確に伝わるようになります。

カラーユニバーサルデザイン(CUD)の3原則

照明条件や使用状況を想定してどのような色覚の人にもなるべく見分けやすい配色を選ぶ

・色だけではなく「形の違い」「位置の違い」「線種や塗り分けパターンの違い」等を併用し、

 色を見分けにくい人にも確実に情報が伝わるようにする

・色の名前を明記してコミュニケーションを可能にする

特に、非常口、駐車場等それぞれの場所を示す案内表示は色で機能を示す場合が多いので注意しなくてはなりません。

例えば、トイレの男女表示は色だけで表示しないことが大切です。また催し物をする時、それぞれのテーマを色分けしたりしている場合カラーユニバーサルデザインの考え方が必要です。

参照:CDU

色覚異常の人に朗報です!Whole New World

アメリカは保険が高かったり、病院での診療費が高いので会社で健康保険がカバーされていない限りよほどの病気でないと病院やクリニックへ行きません。

だから、割とマイナーな病気に関してはそのまま放っておく人が多いのも現実なのです。

このビデオを見た時、俳優でもない人達が「世界はこんなに美しかったのか!」と家族や友人からの心が籠った素敵な贈り物に純粋な喜びと感動の涙を流す姿にこちらまでもらい泣きをしました。

世界が違って見えるってこういうことなんでしょうね。

商品開発ストーリー> エンクロマ公式サイト

世界の偉大な発明というのは、実は偶然の産物だったということが多々あります。例えば、ペニシリン、レントゲン写真、煙探知機、棒付きアイスキャンディーなど。

大学や企業はそんな偶然の産物を生み出す状況がどうしたら作れるのかと日々模索しているのです。

ドン・マファーソン氏は、手術室で医者が使うレーザー保護メガネを開発しました。

ある日、彼の友人のマイクがその手術用の眼鏡をちょっと拝借して野外でフリスビーをしようとした時、今まで見たこともない蛍光性オレンジ色のセーフティーコーンが緑の競技場にあることに初めて気が付きます。

こうしてマクファーソン氏は男性1/12人、女性1/200人が直面している眼に関する問題に偶然直面してしまいました。

そして、彼が作った手術医のレーザー保護眼鏡が偶然にも色覚異常のあるマイクが緑の競技場でオレンジ色を見分けることに役立つことを知ったのです。

その後、マクファーソン氏は眼鏡を開発するための資金をNIHから出資をうけ、エンクロマという会社を設立しました。約9年間の製品開発を経て色弱対応眼鏡は完成しました。

ところが誰も眼鏡の効果を信じようとしなかったので眼鏡は一向に売れませんでした。

ある社員の提案で色弱眼鏡の箱の中に空気の入っていない風船を一緒に入れることにしたのです。

こうして眼鏡を買った人々は、この7色の風船を膨らませて愛する家族や友達が初めて本当の色を見る瞬間を動画に撮り始めました。Youtubeで感動の動画を見ることができます。

エンクレマ公式サイトでは、眼鏡を買う前に色覚テストをしてあなたの目のタイプに合わせて眼鏡の注文ができます。

見える数字をクリック、わからない場合はUnsureボタン、何も見えない場合はNothingボタンをクリックして検査します。

正常な視力の場合、22問のテストでNormal Color Visionという正常の結果がでました。

正常でない場合を答えながらやってみましたが、47問で1型色覚異常の結果がでました。

世界無料配送、2年間保証、60日間返品無料、100%UVプロテクション付

遺伝だからとあきらめないで普段見ていたのと違う世界の色をその目で確かめてみて下さいね。

↑一番上のクイズの答え:11色

あわせて読みたい記事はこちら↓

自分にあった健康法を見つけるヒント遺伝子検査。病気になってから対処するのではなく予防するための情報を手に入れることで健康への意識が高まります。
健康な人でもけっこうかかえているのが目のトラブル。 今回は、大人が気を配ってあげたいスクリーンタイムが増えた子供達の健康に役立つ情報をご紹介します。

シェアする

フォローする