一眼レフカメラとフォトブックで旅の思い出

旅行へ行く時の必須アイテムの一つに一眼レフカメラが手放せません。

スマホでとる写真に比べてなんといっても明るさと被写体の大きさが断然違います。

お父さんでもお母さんでも一家に一人、いいカメラで写真を撮る思い出記録係がいると後で振り返って本当にいい思い出になるのでおすすめです。

Check out my books

はじめての一眼レフカメラ パナソニック Lumix

一眼レフカメラは男子の領域とずっと思っていたのですが、やっぱり家族が増えてイベントが増えると写真を撮る機会が一段と増えました。

子供達の絶えず動いてる姿や家族の成長する今しかない瞬間シャッターチャンスを見逃したくないという気持ちで一眼レフに興味を持ちました。

「NikonやCanonなど世界で売られている種類のほうが旅先で何かあっても便利かな?」という考えもよぎり、カメラ屋さんの店員が説明するスペックも聞いていたのですが、そういう細かいことはさっぱりわかりません。

以前、父から大きな一眼レフを譲り受けたのですが、それを運ぶカバンでさえ小さい冷凍ボックスのようにとにかく重い!

せっかく自分で買うんだから自分目線で選ぼうということで持ち歩く自分が子供達から目を離さずに邪魔にならない肩が凝りやすい私でも頻繁に持ち歩きやすいという視点で

・女性の手のひらに入るコンパクトサイズ

・設定ボタン選びが簡単

・シンプルデザイン

つのポイントで選んだ結果、パナソニックLumixGFに決定しました!

私が買ったのは、このモデルよりも数シーズン前のものですが仕様はほぼ同じです。カメラケースやストラップも女性デザインでおしゃれに可愛くファッションの一部として自分仕様で選べます。

一眼カメラなのに女性の手にも収まりやすく、自然にフィットするコンパクトサイズで手持ち撮影しやすい軽さです。グリップがついているのも持ちやすいのもポイントです。

シャッターを押す時間は一瞬ですが人生のかけがいのない思い出作りにかかせません。

レンズを変えて世界を広げる Panasonic Lumix ミラーレス一眼レフ

Lumix GVario 45-200mm 400mmまで軽快に使える望遠ズームレンズ

被写体がモニター画面のどこにいてもタッチするだけですばやくピントを合わせます。

かなりはるか向こうの景色を望遠レンズで撮影

一瞬で目の前を通過したのを高速シャッターで撮影したものです。

10m頭上をジップラインで通過する瞬間撮影

遠く離れた景色から小さな水滴まで好みのレンズをかえることで写真表現をかえることができます。

くもの巣についた霧の水滴

どんなシーンもカメラが被写体を自動認識し、最適モードに調整してくれるので、料理や夜景、花の接近写真もきれいに撮影できます。

また、望遠レンズのおかげで卒業式や運動会の大切な子供行事でも後ろのほうから楽々キレイに撮れるので場所取りに焦る必要もなく助かります。

 スマホとカメラをつなげられる

いつも写真を撮る役なので実はこれはまだ使ったことがありません。Panasonic Image Appを使うと手持ちスマホやタブレットから操作して、シャッターをきるリモート撮影も可能。

ズーム、絞り、シャッタースピード、ホワイトバランスなどほとんどの撮影操作を遠隔で行えます。

タイマーだとあわてて写真の中にはいらないといけないし、自撮りだと近すぎたりするのでこの機能は、次回早速使ってみようと思います。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF9

ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/単焦点レンズ付属

オレンジ DC-GF9W-D

写真撮影の豆知識

子供が生まれる前から写真を撮ることは好きでしたが、ピースをしたポーズが個人的に嫌いなので「いつ撮ったの?」という自然な瞬間を逃さないようにしています。

写真アルバム作りもかなり凝って作っていたので、自分の作品としてアルバムを眺める度にもっと上手に写真を撮りたいなと思うようになり、プロのカメラマンのレッスンを受けてみました。

ある写真展でその写真に魅せられてこんな風に撮ってみたいなと思ったのが理由です。

それは被写体の白黒写真でしたが、それぞれ著名なモデルだったのにとてもリラックスした表情でその人の普段の顔、本当の素顔を垣間見るようでした。

写真家は女性でお話しを伺うと「撮った写真をみたらカメラマンがどんな人かわかるのよ。」とドキッとすることを教えてくれました。

絞りやホワイトバランスなどいろいろ技法はありますが、ここでは簡単に写真の構図についてシェアしてみたいと思います。

三分割法

素敵な風景なのに撮ってみると、どうも捉えどころがなく収まりが悪い写真だなということありますよね。そんな時に覚えておくと便利な法則が「三分割法

これは絵画でもみられる「黄金分割」ともいわれる画面構成です。よくある建物の前で撮影する修学旅行の集合写真は「日の丸構図」被写体が写真の真ん中にあります。

日の丸構図

三分割法

「三分割法」は画面を三分割し水平線や縦線はこの線の上に、またポイントとなるものは、縦横戦の交差点におくというやり方です。

被写体を画面の中心からわざと外すことでバランスが取れた構図になります。

レッスンをとってから昔作ったフォトアルバムを見てみると、確かに被写体がど真ん中の証拠写真で全体的に暗いです。明るさの調節など学ぶと、2Dに撮っても表情や素材がでることで3Dに見えたりして、出来上がりがはっきり違い本当に奥が深いですよ。

自分でフォトブックを作ってみる

人によるのか、性別なのかは不明ですが、カメラ好きの男性でフォトアルバムまで作っている人ってあまり周りで見たことがありません。

1枚ずつ一番よく撮れた写真だけフレームに入れているか、コンピューターにダウンロードして大量の写真を自動サイクルのスリープ画面で表示しているか、保存してそのままとか。

今だけの瞬間を撮ったお宝の山なのに、すごく勿体ない!!

私の場合、ひと旅一つフォトアルバムの頻度で作ります。カメラで写真を撮るのも楽しいけれど、撮った後にフォトアルバムを作る編集作業がまた楽しい、楽しさ2倍。

ちょっと旅にでると写真の枚数は軽く1000枚を超えたりします。そのベストショットを集めて構成と明るさの編集をすると素晴らしい世界にたった1冊の写真集が完成。

一枚ずつ思い出に浸るのもいいんですが、写真を明るくしてみたり、顔のテカリや目のフラッシュを消したり、明るすぎた白とびを消してベストな写真に編集し、それを集めてベストな1冊にまとめるのがワクワクする作業なのです。

あとで家族が見て喜んでくれる様子もさらにうれしくなります。子供は小さくてもアルバムの中の自分の姿を見て笑ったり、その時の思いを語ってくれるので、自分が主人公になったオリジナルストーリーの絵本を見ているようで、また楽しい家族時間が流れます。

家族の他にも、親にの様子を報告するためにアルバムをつくってプレゼントしたり、いとこや親せきで夏休みに集まったら夏の思い出や、その年のクリスマスに思い出をアルバムにまとめてプレゼントするととても喜ばれます。

また、運動会などの学校行事ではお父さんたちにまみれて一眼レフカメラのシャッターをきり、フォトアルバムにして学校のファンドレイジングをしたりもしました。

友人がヨーロッパ一人旅をしてスマホでとった1000枚以上の写真を見せてくれましたが、大人数でスマホをのぞき込んで写真のサイズが小さすぎて勿体ないので、これも編集をしてアルバムを作ってあげました。

今では、ヨーロッパ旅行へ行きたい人がいるとそのアルバムをもっていっては見せてあげると教えてくれましたよ。

フォトブック作成のポイント

おまかせマイブック

私が自分でフォトアルバムを作る時は、いつもハードカバーを選びます。

書店の写真集のような仕上がりできれいで何度見ても破損が少なく済むためです。

以前作っていた写真アルバムがボロボロになってページが破けてしまった時、修正に時間がかかったのを教訓にしました。

また、本棚に入れてしまわないで書店で特別枠にある「おすすめの一冊」のように私の写真集としてインテリアの一部として飾っておけるのもいいです。

フォトブック作成のポイント

自分が作ってみたいフォトブック作品のまねをする

フォトブックのテンプレートを見て自分が撮った写真のテーマや作りたいイメージにあっているかを選ぶ

フィルムのカメラとは違って、デジタルカメラは1000枚くらい簡単なタッチで写真が何枚も撮れるので結構同じような写真が続きます。

ざっと1/5くらいに絞ってから、写真を並べて一冊のストーリーを作る

よく撮れているものは大きなサイズ、次点は数枚を小さいサイズで1ページにまとめる

旅の日程順、イベントの流れなどを物語風に起承転結か、3分割にしてから大きなサイズと小さいサイズのページを交互にいれると満足できる素敵な仕上がりになります。

旅や家族行事以外でも女性だとブログで料理のレシピを写真と一緒に作っている方もいると思うので、それをまとめて自分の料理本にしても素敵ですよね。

カメラ好きにとってカメラやコンピューター編集の時点で完璧と思っても現像をしたら色が微妙に違うことでがっかりしたりします。

プロは現像する店は決めているというくらいです。

ホームページの中でプロの写真家が実際フォトアルバムを作ってみて、印刷の発色、紙のクオリティのよさを認めているがポイントなんじゃないかと思います。

写真を撮るのは好きだけれどレイアウトがどうも苦手という方には、写真をおくればプロのデザイナーがアルバムをレイアウトしてくれるおまかせマイブックサービスがおすすめです。

フォトブックを一度作ると人にみせる写真を撮ることを意識するようになり、次回の撮影からがぜん上達します。

「カメラのテクニックの知識が少しあるだけでこんなに違う!」という出来上がりになりますよ。

私はカメラで写真を撮る時点からフォトアルバムを作り終わるまでの過程が全て好きなので、いつも持ち歩けるカメラを選んで本当によかったなと思います。

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス GF9

ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ

オレンジ DC-GF9W-D

今年のゴールデンウィークは十連休。このチャンスに海外旅行の計画をしている家族も多いでしょうね。旅行会社を通さないで自分でサクサク海外旅行の手配ができるサイトをご紹介します。
海外旅行へぷらっと出かけるのに身軽であることは第一条件、現地でフットワークも軽く動けます。あれもこれも見て、食べて、経験してみたい。そんな欲張りな大人女子に持っていくと役立つ、小さいけれど強力なお役立ちアイテムをご紹介します。

シェアする

フォローする