心や体を優しくいたわるアロマテラピー

この季節に悩まされる花粉症やインフルエンザなどの身体の不調にどう対処していますか?

植物の香りの効能を活用するボタニカルケア。

アロマの力を少し借りて心と身体を優しくいたわってみて下さいね。

Check out my books

はじめてのアロマ

アロマテラピーは花好き、植物好きの女性にとって受け入れやすい世界だと思います。

専門的に学ぶと奥の深い世界ですが、シンプルに香りを楽しむだけでもその効果を暮らしに取り入れることができます。精油は成分濃度が高いので直接肌に使うことはできません。

ホホバオイルに好きな香りの精油を1~2滴加えて気になる部分をマッサージ。

手作りアロマオイルでおうちスパを楽しんでみて下さい。

参照:環境省 花粉症の予防  厚生省 花粉症

アロマテラピーとは

Aromatherapyは植物から抽出した天然精油(エッセンシャルオイル)を利用する自然療法です。

紀元前30世紀ころの古代エジプトには、既に薬効のある植物がパピルスに記されています。

1930年代フランス化学者ガットフォセが精油の薬理効果を研究したことから始まり、イギリスで美容分野へ研究が広がりました。

日本にもおばあちゃんの知恵袋的なイメージの伝統的な薬草が知られています。

植物のかおりを楽しむことが四季を愛でる日本人の文化にあっていたのかもしれません。

アロマテラピーの目的は4つ

・リラクゼーションやリフレッシュに役立てる

・美と健康を増進する

・身体や精神を恒常性の維持と促進を図る

・身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻す

 心、身体、環境に働きかけるエッセンシャルオイル(精油)

アロマテラピーで扱うのは植物から抽出した天然の芳香成分=精油のみ

植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、樹皮、樹脂から抽出した天然の素材

精油は数十から数百の混合物で構成植物の各成分一つ一つが薬理効果を持ちます。精油は抗菌作用や鎮静作用など多様な薬理作用をもち、それぞれの香りが違うようにその作用も違います。

精油が心身に働きかける経路は3つ

・香りを嗅覚刺激として脳に働きかける経路

・希釈した精油を皮膚から浸透させ、血液循環にのって全身に循環させる経路

・消化器系などの粘膜から吸収され、血液中に溶け込み全身にいきわたる経路

つまり、香りは五感の中でもダイレクトに感情に働きかける、体験と結び付けて記憶する力がある、心身に働きかける力があります。

鳥取大学医学部浦上教授の研究によると嗅神経を刺激することで、脳の海馬の機能が回復することがわかってきました。

嗅神経は再生力が高く、精油の香の刺激により神経細胞が蘇ることが実証されています。

例えば、朝「ローズマリー+レモン」、夜は「ラベンダー+オレンジスイーツ」を1~2時間かぐことが効果的で精油を使うことで安眠も促進され眠りも深くなり、認知症の改善高齢者の不眠にも効果が期待されています。

また、オフィスや工場で香りを流すことでイライラ解消、疲労回復、作業能率アップに役立て取り入れているところもあります。大手建築会社の実験では香りによりキーパンチャーのミスが削除できるというデータもあるそうです。

森林は安らぎや癒しの効果をもつ空間であり、樹木の幹や葉っぱなどから発散されるフィトンチッド」と呼ばれる菌を殺す成分の香りなど健康増進効果があると言われています。

アロマ空間デザイン」という香りのマーケティングがあります。

環境芳香とよばれるもので光、色、音の他に香りを快適空間に利用するというものです。

ふと嗅いだ香りではるか昔の忘れていたイメージを突然思い出したという経験はありませんか?

香りが商品と一体になったようにブランドイメージが刷り込まれ、例えば高級ホテルだとブランドのおもてなしを五感で感じ、心地よい体験として一生の思い出として記憶に刻まれます。

香りがダイレクトに感情や心身に働きかける力、体験と結び付けて記憶する力を利用し、企業ブランディング、促進マーケティング、顧客コミュニケーション実現のためにホテル、オフィス、ショールーム、介護施設など香りの演出を利用する企業も増えています。

以前は消臭の意味合いが強かった香も、香りそのものを楽しめる環境作りが目的となってきています。

参照:ハーブ・アロマテラピー  林野庁  リラックス効果に影響する精油成分

 アロマを暮らしの中で楽しむ

お薬ではないので「~に効く」という直接的な言葉では語れませんが、世界中の医学の歴史をみてもその作用に一目置かれている万能オイルとよばれるものもあります。

世界中で研究されている香気成分「酢酸リナリル(Linalyl acetate)

酢酸リナリルは、睡眠にとって大切な役目を果たしているセロトニンを誘発する効果があるとされています。加齢や心身の疲れ、ストレスなどでもその数が減ってしまうセロトニン

不眠症の人はセロトニン不足といわれますがそれを助けるのが酢酸リナリルです。

ラベンダーには酢酸リナリル成分が含まれています。

初心者におすすめのアロマオイル(精油)

選び方は簡単「いい匂いだな」と感じたものが今のあなたに必要な香り

※精油は高濃度に凝縮されているため原液のまま肌に使えません。

ラベンダー 安静、リラックス、安眠
オレンジスイート トリラックス、不安や憂鬱を和らげる、消化器官の働きを助ける
レモン 集中力を高め、記憶を強化する、消化器官の働きを助ける
ローズマリー 頭脳を刺激、全身の働きを活性化、虫を寄せ付けない
ユーカリ 抗菌性、消臭 空気をリフレッシュする環境芳香浴にいい
グレープフルーツ 全身の働きを活性化、強化する
ティートゥリー  頭脳を刺激して働きを高める、ウィルスの繁殖を抑える
ベルガモット 抗菌、リラックス、不安や憂鬱を和らげる
ゼラニウム 虫を寄せ付けない、ホルモン分泌や自律神経のバランス調節、消化促進

参照:MondayMoon    生活の木 

赤ちゃんにも使えるアロマオイル

妊娠中で不快な気分をリフレッシュしたい、慣れない育児や毎日の家事でストレスを感じて産後ブルーになっている、赤ちゃんが授乳しても夜なかなか寝てくれないという子育て中のママさんにうれしいアロマオイルがあります。

寝不足や疲れからイライラした気持ちを落ち着けてくれる精油ブレンドで育児ストレスのママさんをサポート。また、赤ちゃんにも使える夜泣き専用のアロマオイルブレンドで赤ちゃんのすやすや眠りのサポートに使えます。



花粉症におすすめのアロマオイルはペパーミント、ローズマリー、ユーカリなど空気清浄作用、頭脳明晰作用をとりいれるといいそうです。自然の恵みを利用して生活に潤いを与えたいですね。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

すべての肌質に合う「美容液」「保湿液」として最も理想的と言われているホホバオイル。分子構造や豊富な栄養素を含有する特徴から、地球上のオイルで唯一人工心臓の潤滑油としても使用されるほど信頼性が高いんですよ。

シェアする

フォローする